インコグニートとは?


インコグニート虫よけスプレー

インコグニート・スプレーは、あらゆる蚊に対して100%の防御となることが臨床的に証明された強力な虫よけです。インコグニート虫よけスプレーはどのディート製品よりも強力であり、正しく使用すれば、虫刺され予防策として高い効果を発揮します。本製品は、開発に10年を超える期間を費やした完全な天然の虫よけであり、すべてイギリスで製造されています。

今回、新たに開発されたインコグニート虫よけスプレーに含まれるユーカリ・マクラータ・シトリオドラという新たな有効成分は、アフリカの蚊の研究で世界をリードする大学の一つにより、極端な環境下で厳密に試験されており、すべての試験で100%の有効性が認められました。さらに、インコグニート虫よけスプレーは、100%天然であることが証明されており、乳児を含むご家族の皆さま全員にお使いいただけます。

2011年5月に行われた試験では、インコグニートがテング熱を媒介するネッタイシマカに対する100%の防御となることが示されました。定評ある当社は、最も厳格かつ厳密な試験方法を用いて、的確な成果を挙げています。

さらに、Gates Malarial Partnershipによる資金提供を受け、British Medical Journalにより発表された研究により、浸透性のある蚊帳と併用した場合、当社の有効成分がマラリアに対する予防策となることが臨床的に証明されています。他の虫よけ剤には、こうした効能は認められていません。

本製品は、あらゆる蚊を含む虫(ダニ、スナバエ、ジガバチ、ノミ、ミツバチ、ユスリカ、ブヨなど)を寄せつけないことにより、また、あなたのカイロモンを虫からカムフラージュすることにより効果を発揮します。



成分

アルコール、Citrepel 75(ユーカリ・マクラータ・シトリオドラ)、有機ベルガモット(シトラス・ベルガミア)、ショウノウ(クスノキ)、リナロール*、リモネン*、シトラール*(*は精油の天然成分)。当社独自のプロセスによりすべての成分を混合。



旅行者への注意

睡眠中あなたを保護する虫よけの薬剤や外用薬がない場合、夜間蚊帳(浸透性のあるものが望ましい)の下で睡眠をとる必要があります。プラグ接続式製品の多く、あるいは蚊取り線香の大多数は、深刻な健康問題を起こし得る有毒の蒸気を放出します。こうした製品は、換気のよい部屋または屋外のみで使用するようにしてください。必ず使用方法をすべて読んでください。長期浸透性の蚊帳は、夜間蚊に刺されないことを保証する唯一の方法です。当社の強力な虫よけスプレーは、浸透性のある蚊帳と併用した場合、当社の有効成分がマラリアに対する予防策となることが臨床的に証明されています。あなたが高級宿泊施設に滞在しているとしても、浸透性のある蚊帳が提供可能か確認する必要があります。「ここに蚊はいません」といった主張には特に注意してください。利用客に対してそう答えるようにホテルの従業員の多くは指示されています。旅行でマラリアの多い地域を訪れる場合、長期浸透性の蚊帳を持参してください。こうした蚊帳は軽量で、折りたためば大して場所を取りません。

インコグニートは、サン・ローションやその他の外用薬の上にもお使いいただけます。マラリアが多いジャングルのように虫の活動が盛んな場所など、極端な環境においては、普通の環境にいるときよりもインコグニートの使用頻度を増やすことをお勧めします。あなたが人一倍虫を引き寄せる体質の場合、またはご自身を「モスキート・マグネット」のように感じている場合も同様です。

インコグニートは、ドアの周り、あるいはネットや窓枠の上にスプレーして、虫を寄せつけないようにすることもできます。 肌の露出が多くなると、カイロモンを発散する皮膚細胞の露出が増えて、蚊を寄せつけやすくなります。人の皮膚細胞は、二酸化炭素や乳酸、熱などを発散しますので、インコグニートの使用頻度を増やした方がよいでしょう。


研究報告

「植物由来の虫よけ剤および虫よけ剤配合の蚊帳は、夕方に吸血性の媒介生物が発生する地域において、マラアリアに対する予防策となる。ボリビア、アマゾン川での二重盲式、任意抽出、プラセボ対照の臨床試験において。」2007年8月31日 Hill、プリンシパル・サイエンス・オフィサー。A Lenglet、研究フェロー。A M Arnéz、シニア・クリニカル・サイエンティスト。I Carneiro、講師

この研究は、Gates Malaria Partnership(Bill Gates、Microsoft創設者、チャリティー)より資金援助を受け、ロンドン大学の一部であり、権威あるLondon School of Hygiene & Tropical Medicine(LSHTM)により行われました。


インコグニートの倫理観

私たちの地球は、殺虫剤、農薬、その他の有害化学物質に覆われているだけでなく、これらの有害物質は、空気や土壌、私たちの体、飲料水にも入り込んでいます。アメリカではそれらの97%にディートが含まれています。毎年20万人を超える人々が農薬中毒により亡くなっています。ディートは、人間の肌に直接塗布することが許可されている唯一の殺虫剤です。この化学薬品の私たちの体や環境への影響のため、癌罹患率が上がっているのは驚くことではありません。もちろん、害虫は好ましくありません。それが命にかかわる病気を媒介するのであればなおさらです。しかしながら、天然の、安全性の高い選択肢があるのに、この化学薬品が多数の死者を生む必要性は全くありません。


インコグニートの倫理観や環境への配慮、有効性に関して多くの賞を受賞しています

インコグニートは、口コミだけでなく、多くの著名人による使用を通じて、広く人気を博した商品です。インコグニートは、イギリスBBC Gardener’s Worldの番組を始めとして、イギリスのテレビで広く扱われています。 2010年9月、ロンドンの御所であるクラレンス・ハウスでチャールズ皇太子殿下が主催した「Make a Difference Garden Party」において、展示を求められた数少ないブランドの一つとなりました。 2015年には「Queen's Award」にて優勝し、エリザベス女王から直々に優秀賞を授与されています。

2016年5月からはイギリス政府NHS(国民健康サービス部門)がインコグニートの使用推奨を開始しました。

インコグニートの創設者であるHoward Carterは、抗マラリア薬とディートを基にした製品を同時に使用しながらマラリアにかかったことがあります。「3000種のすべての蚊に対する防御となり、ディートよりも強力な天然製品を作り上げるのに10年を超える期間を要しました。私が切に願うのは、この製品を世界中で広くご利用いただけるようにすることです」